登録した出会い系なのですが、アクティブなメールがやたら到着する感じです。
凄く熱く卑猥なメッセージが来るんです。
だから、その気になってしまいます。
気持ちが盛り上がるばかりでした。
頻繁にメールを出してくれる相手なんです。
かなり、出会いには前向きなのが伝わってきます。
ノンケとの出会いがすぐそこだ、そんな気分でした。
ノンケのちんこは僕のものだ、そんな考えにも支配されてしまっていました。
これだけ頻繁に、積極的にメールを送ってくるのです。
ノンケを落とすのも時間の問題に感じました。

 

 激しくメール交換をしたためなのでしょう。
課金が、3万円を超えてしまっていたのです。
瞬間、凍り付きました。
そして、無料通話アプリ交換にもなっていないことに気が付きました。
これは一体どういうことなのか?
判断ができなかったため、ゲイ友達に相談することにしました。

 

 知名くんに、売り専掲示板から出会い系に登録した話をしたんです。
メールばかりが続いて、連絡先交換にならなかった話もしました。
「サクラ!素人じゃない。運営が雇っているサクラ」
明瞭な回答が戻ってきたのでした。
ものすごいショックが襲ってきました。

 

 彼自身も、このような経験があったそうです。
男のサポートをするノンケと関係を作れると考え、男のサポート掲示板を利用したこともあったそうです。
「俺のときは、ギフト券詐欺だった。誘導タイプのサクラも沢山いるんだ。無料のところで出会うのは厳しいだろうね」
男のサポートをするノンケにギフト券を先渡しすると音信不通になったそうです。
経験者の彼の言うことは、納得出来るものでした。
直ぐ出会い系の利用を中止しました。

 

 食われノンケと出会うのは難しいことなのか?
そんな気分の時でした。
「ノンケをフェラすることは可能だよ」
知名くんが、言い出しました。
「それ本当に?」と僕。
彼はニッコリ笑って、首を縦に振っていました。